ウクライナで結束確認へ EU首脳、コロナも議題

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は16日、ブリュッセルで首脳会議を開いた。ロシアがウクライナ国境付近で軍を増強している問題に関連し、ロシアに緊張緩和を要求、ウクライナへの全面支持を示し、加盟国の結束を確認したい考えだ。ロシアへの制裁についても協議。欧州で急拡大する新型コロナウイルスの新変異株、オミクロン株への対応も議論した。

16日、ブリュッセルでEU首脳会議に出席したドイツのショルツ新首相(右)(ロイター=共同)
16日、ブリュッセルでEU首脳会議に出席したドイツのショルツ新首相(右)(ロイター=共同)

 長年「欧州の顔」となってきたドイツのメルケル前首相に代わり、ショルツ新首相の初のEU首脳会議出席となった。ショルツ氏は会議前、ウクライナ情勢に絡み「国境の不可侵は欧州における平和の重要な基盤の一つだ」と述べた。

あなたの静岡新聞 アプリ