天竜二俣駅前で「鉄道部品市」 国鉄時代の制服やヘルメット

 天竜浜名湖鉄道(浜松市天竜区)は20日、前身の国鉄二俣、天浜両線で実際に使用された鉄道関連部品などを販売する「第1回鉄道部品市」を同区二俣町の天竜二俣駅前で開催する。

「鉄道部品市」に出品される鉄道関連部品の一部=浜松市天竜区二俣町の天竜二俣駅
「鉄道部品市」に出品される鉄道関連部品の一部=浜松市天竜区二俣町の天竜二俣駅

 二俣線全線開通80周年記念事業の一環。倉庫に眠っていた部品や備品約20点を販売する。国鉄時代の制服やヘルメット、列車前照灯やエンジンバルブといった車両部品などが並ぶ。価格は200円から。
 担当者は「鉄道ファンやこの路線に思い入れのある方に足を運んで楽しんでほしい」と話している。
 入場無料。午前10時から午後3時まで(完売次第終了)。問い合わせは同鉄道営業課<電053(925)2276>へ。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0