ゴキブリ厳選50種展示 磐田の竜洋昆虫自然観察公園

 磐田市大中瀬の竜洋昆虫自然観察公園で4月4日まで、国内外のゴキブリの生態を紹介する「THEゴキブリ展―ときめきの、その先へ」が開かれている。同公園で最も人気の高い企画展の一つで、ことしで4回目。

国内外のゴキブリを紹介する展示会=磐田市大中瀬の竜洋昆虫自然観察公園
国内外のゴキブリを紹介する展示会=磐田市大中瀬の竜洋昆虫自然観察公園

 同公園職員で、昨年11月に国内で35年ぶりに新種のゴキブリ2種を発見した「ゴキブリスト」こと柳沢静磨さん(26)宅や同公園で飼育している約100種のうち、柳沢さんら職員が厳選した約50種を展示している。
 黒い体色にオレンジ色の水玉模様が目を引く「オレンジスポットドミノローチ」や国内最大の「ヤエヤママダラゴキブリ」などが来場者の注目を集めている。生態や特徴、自然界での役割を紹介するパネルを添えたほか、化石や琥珀(こはく)も並ぶ。「GKB48総選挙」と銘打った人気投票を実施中で、展示期間終了後に結果を発表する。柳沢さんは「ゴキブリにはさまざまな種類がいる。自分の『推し』を見つけてほしい」と話している。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0