先生に感謝の「プロレスマスク」 浜松・中区の専門店

 浜松市中区八幡町のプロレスマスク製造・販売「PUKUPUKU工房」の神谷淳代表(49)が5日、コスチュームに使用する素材で製作したマスク200枚を同工房近くの3小中学校の教員に寄贈した。

教員にマスクの特徴を説明する神谷代表(左)=浜松市中区の八幡中
教員にマスクの特徴を説明する神谷代表(左)=浜松市中区の八幡中

 寄贈したマスクの名称は「浜松マスク」。伸縮性に優れていてフィット感がよく、長時間話してもずれにくいという。難局を皆で乗り越えようとの思いを込め「がんばろう!浜松」の文字をあしらった。
 同区の八幡中を訪れた神谷代表は「子どもたちが安心して学校生活を送れるのは、現場で働く先生方のおかげ。大変な状況の中で少しでも支えになれば」と述べ、マスクを教職員に手渡した。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0