静岡新聞NEWS

奨学金の返還支援制度新設 浜松市、Uターン促進で

(2021/1/22 08:45)
奨学金返還支援事業の流れ
奨学金返還支援事業の流れ

 浜松市は3月から、若者のUターン就職や移住の促進策として、奨学金の返還支援事業を新設する。市内に本社や事業所がある中小企業に就職が内定した学生が対象で、市と就職先の中小企業が半分ずつ費用負担する仕組み。就職後3年間にわたって1人当たり最大計54万円を補助する。
 市は3月1日から、就職した学生への補助金半額を負担する「認定企業」(中小企業)を募集し、随時認定する。市が107社認証している「ワーク・ライフ・バランス推進事業所」や高齢者雇用に積極的な79社の「高齢者活躍宣言事業所」には補助金負担を3分の1に軽減し、積極的な参加を期待する。
 一方、第1期の補助対象者は10月1日から募集する。2022年3月末に大学・短大などを卒業予定か、卒業後3年未満で認定企業への就職が内定している市内在住者が対象。就職後1年以上の就業継続と、自力での奨学金返還を確認した上で、就職2年目に当たる23年度から年1回最大18万円を交付する。
 認定企業、学生とも申請方法は市就職・転職サイト「JOBはま!」に掲載されている。問い合わせは市産業総務課<電053(457)2339>へ。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿