静岡新聞NEWS

シカと車、接触事故が続発 細江署「速度控えめに」

(2020/11/29 08:53)
シカと衝突した乗用車(県警提供)
シカと衝突した乗用車(県警提供)

 浜松市北区で今年に入り、シカの飛び出しが原因となる乗用車の交通事故が続発している。いまのところ物損事故で済んでいるものの、一歩間違えば大事故になる恐れがあることから、静岡県警細江署が注意を呼び掛けている。
 同署によると、事故は同区引佐町伊平の国道257号で5件あったほか、細江町の国道362号や市道「オレンジロード」などでもあり、計9件(昨年は5件)に上った。うち3件は今月に入って発生した。時間帯は夕暮れから夜間が多かったという。
 動物との衝突回避の注意点として、同署は夜間の早めのライトオンやハイビーム活用などを挙げる。「むやみなハンドル操作での回避は路外逸脱や横転につながる恐れがある。飛び出しを想定して速度を控えめにして走行を」と啓発している。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿