静岡新聞NEWS

浜名湖の味覚 カキを水揚げ 浜松・舞阪漁港、まだ身は小ぶり

(2020/11/14 08:53)
水揚げしたカキをカゴに移し替える堀内拓郎さん=浜松市西区
水揚げしたカキをカゴに移し替える堀内拓郎さん=浜松市西区

 本格的な冬の到来を前に浜名湖で、冬の味覚の王様、カキの水揚げが始まった。
 浜松市西区の舞阪漁港では13日早朝、カキ養殖を行う堀内昇さん(63)と息子の拓郎さん(32)が今年の出来の確認も兼ねて、直径50センチほどのカゴ20杯分のカキを水揚げした。カキはすぐに加工場へ運ばれ、殻を外す専門の女性たちによって手際よく加工、選別されていった。
 シーズンが本格化すれば、堀内さんたちはカゴ80杯分のカキを毎日水揚げするという。昇さんは「まだ暖かいので身は小ぶり。もう少し寒くなれば身が大きくなったカキを出荷していけそう」と話した。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿