静岡新聞NEWS

がん患者橋本さん(沖縄)がユーチューブ収録 「前向きに楽しく生きて」と呼び掛け

(2020/10/26 10:00)
ユーチューブの番組収録で山中さんと対談する橋本さん(右)=浜松市中区
ユーチューブの番組収録で山中さんと対談する橋本さん(右)=浜松市中区

 末期がん患者として全国をバイクで巡り、がん患者との交流活動を続ける沖縄県在住の橋本顕彰さん(43)が25日、浜松市を訪れ、動画投稿サイト「ユーチューブ」の番組を収録した。自身の旅と闘病の体験をユーモアを交えて語り、前向きに生きる大切さを呼び掛けた。
 橋本さんは2018年1月にステージ4の肺腺がんと診断されて以降、ユーチューバーとして活動を始め、今年9月から11月中旬までの日程で国内を巡回中。浜松市内で民間がんサロンを運営する山中圭子さんが、橋本さんの活動を知って招いた。
 中区富塚町のカフェで番組を収録し、橋本さんは「もしがんになっていなかったら、旅に出て全国の人と出会うこともなかった。患者の方々にも、ぜひ自分のやりたいことをやって、楽しく悔いのない人生を過ごしてほしい」と語った。対談した山中さんは自身の闘病体験を踏まえ、「遠回りしたり休んだりすることも含め、新たな人生の価値観を得た。がん患者は孤立しやすいので、周囲に自分の状況を伝えることも大切」と応じた。
 番組「ガントーク」は11月7日ごろ配信予定。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿