静岡新聞NEWS

ラグビー体験に児童夢中 浜松・積志小でヤマハ発選手が指導

(2020/10/6 16:46)
田上選手(右)とパス回しを楽しむ児童=浜松市東区の積志小
田上選手(右)とパス回しを楽しむ児童=浜松市東区の積志小

 浜松市東区の積志小で5日、ラグビー・トップリーグのヤマハ発動機ジュビロの選手を講師に招いたラグビー体験授業が開かれた。3年生と6年生の計287人がラグビーの魅力に触れた。
 舟橋諒将、田上稔の両選手、スタッフの藤井達也さんが講師を務めた。3年生は選手を相手にしたタックルなどを体験したほか、輪になって隣の友だちにボールを回すゲームに取り組んだ。声を掛け合いながら夢中で楽しんだ。
 3年生の男子児童(9)は「選手がラグビーのことを細かく教えてくれてラグビーが好きになった」と話した。舟橋選手は「まだラグビーを知らない子どもは多い。ラグビーを知ってもらい、多くの子どもたちに挑戦してほしい」と願った。
 授業は市のトップアスリート派遣事業の一環。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿