静岡新聞NEWS

手作りガウン医療機関へ 御前崎・池新田高生ら

(2020/9/26 16:39)
御前崎市ボランティア連絡会の手ほどきでガウンを手作りする池新田高の生徒=御前崎市の同校
御前崎市ボランティア連絡会の手ほどきでガウンを手作りする池新田高の生徒=御前崎市の同校

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴って医療用のエプロンやガウンが不足しがちな医療機関のため、御前崎市ボランティア連絡会と池新田高(同市)のボランティア部は24日、同校でポリ袋を使いエプロンとガウンを手作りした。県ボランティア協会を通じて病院などに届ける。  同連絡会の石井恵会長(77)=同市佐倉=が同校華道部の指導員を務めている縁で、ボランティア部に共同作業を持ち掛けた。生徒10人は連絡会メンバーの手ほどきを受け、ポリ袋の端をはさみで切ったり、テープで留めたりして、エプロンとガウンを1人1枚ずつ完成させた。  2年の三井瞳さん(17)は「袋1枚で作れるのはすごい。役に立てるならうれしい」と話した。石井会長は「福祉の精神が若い人たちにも浸透してほしい」と語った。
 

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿