ラグビーの魅力、池新田高生に ヤマハ発選手ら授業

 御前崎市の池新田高は8日、ラグビーのトップリーグの選手らを招いた体育の授業を同市の浜岡総合運動場で行った。3年生約20人が、一流選手の手ほどきを受けて競技の魅力に触れた。

矢富選手(手前左)を抜き去ろうと挑戦する生徒=御前崎市池新田の浜岡総合運動場
矢富選手(手前左)を抜き去ろうと挑戦する生徒=御前崎市池新田の浜岡総合運動場

 県教委の事業の一環。元日本代表でワールドカップ出場経験のあるヤマハ発動機の山村亮選手(39)と矢富勇毅選手(35)、女子7人制チーム「アザレア・セブン」の冨樫香子選手(24)と草野可凜選手(24)が講師を務めた。
 生徒たちはパスの練習をした後、タックルを除いた形式で実戦も行った。選手はプレーに参加しながらルールを丁寧に説明し、「前に進まないとトライにならないぞ」「怖がらないで」などとアドバイスした。

いい茶0
メールマガジンを受信する >