静岡新聞NEWS

平和願い浜松市歌熱唱 市立高合唱部が動画撮影 プラタナスコンサート 15日から配信

(2020/8/4 10:04)
カメラの前で浜松市歌を熱唱する生徒=浜松市中区の市立高
カメラの前で浜松市歌を熱唱する生徒=浜松市中区の市立高

 音楽を通して平和の尊さを訴える「2020プラタナスコンサート」(浜松市、静岡新聞社・静岡放送主催)の動画配信が15日から始まる。今夏は、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点からオンライン上での開催になった。同市中区の市立高合唱部がこのほど、同コンサートに配信する浜松市歌の合唱動画の撮影に臨んだ。
 撮影には、合唱部の1、2年生27人が参加し、一人一人がカメラの前に立って市歌を熱唱した。アルト、ソプラノ、バスなどそれぞれのパートごとに美しい歌声を響かせた。
 部長を務める吉田雪乃さん(16)は「平和のありがたみを改めて感じる機会になった。コロナの拡大で大会などが中止になる中で、自分たちが音楽に取り組んだ記録が残るのはうれしい」と話した。
 同コンサートは1945年6月の浜松大空襲などを受けながら奇跡的に生き延び、今も中心街などに残るプラタナスの木にちなんだ催し。今年は市民による「浜松市歌リモート大合唱」のほか、合唱団「ジュニアクワイア浜松」の合唱動画などを公式HP内で9月30日まで配信する。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿