静岡新聞NEWS

カブトムシ150匹展示、無料配布も 菊川で2日まで

(2020/8/1 09:06)
ヘラクレスオオカブトを観察する子ども=菊川市のひらかわ会館
ヘラクレスオオカブトを観察する子ども=菊川市のひらかわ会館

 菊川市のひらかわ会館で31日、夏休み企画「こども昆虫展」が始まった。8月2日まで。最終日の午後3時からはカブトムシの無料配布を行う。
 平川地区コミュニティ協議会が毎年行う人気企画。広さ約10平方メートル、高さ約2メートルの「カブトムシの部屋」では約150匹が展示され、生態を間近で観察できる。
 ヘラクレスオオカブトなど珍しい昆虫も並ぶ。今年は「地球の歴史と昆虫の進化」と題したパネル展を初開催。難易度の高いクイズも行っており、親子で楽しく勉強ができる。感染症対策のため、一度に入場できる人数を制限し、屋外にはザリガニやメダカすくいができる場所も設けた。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿