静岡新聞NEWS

世界のクワガタ、カブト迫力満点 磐田、8月末まで展示

(2020/7/26 09:36)
国内外のカブトムシとクワガタムシを紹介する展示会=磐田市大中瀬の竜洋昆虫自然観察公園
国内外のカブトムシとクワガタムシを紹介する展示会=磐田市大中瀬の竜洋昆虫自然観察公園

 磐田市大中瀬の竜洋昆虫自然観察公園で8月31日まで、国内外のカブトムシやクワガタムシを紹介する展示会が開かれている。普段は図鑑などでしか見られない虫に親しんでもらおうと毎年開催している。
 日本のカブトムシやノコギリクワガタに加え、世界最大のカブトムシ「ヘラクレスオオカブト」や、体を震わせて敵を威嚇する「タランドゥスオオツヤクワガタ」など計約30種を展示している。
 新型コロナウイルスの感染拡大防止策でソーシャルディスタンスを保つために、一部の虫は施設2階の標本展示スペースに移して並べている。
 同公園職員の北野伸雄さんは「憧れの虫の大きさや動きを実際に見て観察してほしい」と話している。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿