静岡新聞NEWS

浜名湖パルパル、かんざんじロープウェイ模擬営業 間隔、消毒、換気…感染防止検証 4日再開へ

(2020/6/28 09:01)
間隔を空けてジェットコースターに座る来園者=浜松市西区舘山寺町の浜名湖パルパル
間隔を空けてジェットコースターに座る来園者=浜松市西区舘山寺町の浜名湖パルパル

 浜松市西区の遠鉄観光開発は27日、新型コロナウイルスの影響で休業中の同区舘山寺町の遊園地「浜名湖パルパル」や「かんざんじロープウェイ」で、7月4日の再開に向けて感染防止策を検証する模擬営業を行った。
 遠州鉄道グループの従業員の家族が客として参加した。浜名湖パルパルではジェットコースターの一部の座席を使用禁止とし、1列ずつ間隔を空けて座れるようにした。カートなど屋外の乗り物は乗客が変わるごとに従業員が座席や手すりを消毒し、屋内のアトラクションは定期的に換気した。来園者には園内でのマスクの着用を求め、入り口で検温や手指の消毒も行った。
 かんざんじロープウェイは密集を避けるため、通常の乗車定員48人を半分ほどに減らした。窓の一部を開けて運行するという。
 模擬営業は29日まで実施する。来園者にアンケートを行い、課題に対応した上で営業再開する。遠鉄観光開発の担当者は「安全安心を第一に、新型コロナが収束するまでは常に改善を進めていく」と話した。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿