静岡新聞NEWS

静岡県立森林公園(浜松・浜北区) 駐車場やレストラン、一部利用再開 全面開放は6月下旬以降

(2020/5/22 11:17)
席数を減らして営業再開した「森の家」の付属レストラン=浜松市浜北区の県立森林公園
席数を減らして営業再開した「森の家」の付属レストラン=浜松市浜北区の県立森林公園

 浜松市浜北区の県立森林公園で21日、新型コロナウイルスの感染を防ぐために休止していた施設の一部利用再開が始まった。駐車場が開放され、宿泊研修施設「森の家」は付属レストランが営業を開始。一方で同施設の宿泊や研修は休止が続き、園内の一部は工事中で通行できないなど全面利用再開は6月下旬以降になる。利用人数の制限も当面続く。
 付属レストランは、席数を休止前の半数の45席程度に減らし、換気などの対策を実施。終業時間も1時間早めて午前11時~午後4時とした。森の家の宿泊と研修の利用再開は6月上旬の見込み。レストランとは別にある食堂「山楽茶屋」もテーブル席を屋外に出した上で営業を再開した。
 ビジターセンターのバードピア浜北は30人以上の団体利用者に分割来館を促す。木工体験館も1回あたりの利用人数を制限。また、6月下旬まで、つり橋は落下防止工事で通行禁止、バーベキュー施設も周辺の管理道が舗装作業中で利用不可。
 バードピアの三輪照光事務局長は「一人一人が安全に留意しながら園内を楽しんでもらえれば」と話す。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト