静岡新聞NEWS

昆虫目線で生態詠む 竜洋自然公園職員、百人一首風かるた制作

(2020/5/17 08:00)
竜洋昆虫自然観察公園などが制作した「百人一首風 みんなのこんちゅう和かるた」=磐田市大中瀬の同公園
竜洋昆虫自然観察公園などが制作した「百人一首風 みんなのこんちゅう和かるた」=磐田市大中瀬の同公園

 磐田市竜洋昆虫自然観察公園(同市大中瀬)と、メディア制作会社「くまふメディア制作事務所」(同市富丘)が、「百人一首風 みんなのこんちゅう和かるた」を制作した。同公園職員で、来園者らから「こんちゅうクン」として親しまれる北野伸雄さん(34)が、古語と現代語を織り交ぜ、昆虫の生態などを生き物目線で詠んだ。20日発売。
 かるたは虫にちなんで64組。カブトムシやゴキブリなど身近な昆虫を歌った内容は全て北野さんが考案し、写真撮影も担当した。
 カイコについて詠んだ「桑の葉を 与ふ人みな いとほしき あなたなしでは 生きられぬかな」では、「愛おしき」と「糸欲しき」を掛詞(かけことば)として用いるなど、百人一首らしい表現技法に力を入れた。
 全ての札の訳や表現を記載した解説書も付属する。かるたは坊主めくりとしても遊べる。北野さんは「家の中でも楽しい時間を過ごし、昆虫だけでなく、古典や百人一首など多方面に興味を持つきっかけになれば」と話している。
 同公園の売店や、くまふメディアのホームページなどで扱う。税別1600円。問い合わせは同公園<電0538(66)9900>へ。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿