吹きガラス作家、念願のギャラリー 浜松・天竜区の栗原さん

 浜松市天竜区船明の吹きガラス作家・栗原瑠璃華さん(35)が5月、自宅敷地内に工房とギャラリーをオープンした。事前予約制で、自身の作品の展示販売を行っている。

自宅の一部に設けられた栗原さんのギャラリー=浜松市天竜区船明
自宅の一部に設けられた栗原さんのギャラリー=浜松市天竜区船明

 自宅の新築に合わせ、同市北区の「吹きガラス工房瑠璃」を移転し、念願の常設ギャラリーを開設した。ギャラリーにはオブジェや花器、皿やグラスなど大小さまざまな約100点を常設展示。天竜材を建材に使用した館内で、繊細な表現の作品が楽しめる。
 鮮やかな色彩を用いた四季の表現や柔らかな質感が特長の栗原さんの作品。作風は日本画家の父・幸彦さんの影響も受けているという。
 栗原さんは「作品の展示のほか、今後はサロンのような形でイベントも開くなど、幅広い使い方をしていければ」と話している。
 工房では予約制で吹きガラス体験も行っている。予約・問い合わせは栗原さん<電090(6584)3948>へ。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0