静岡新聞NEWS

とろみ付き飲料の自販機を設置 磐田市立総合病院

(2020/5/6 16:00)
とろみ付き飲料を手軽に飲める自販機=磐田市大久保の市立総合病院
とろみ付き飲料を手軽に飲める自販機=磐田市大久保の市立総合病院

 磐田市立総合病院(同市大久保)は、嚥下(えんげ)障害の患者が手軽に飲み物を楽しめるよう、とろみ付き飲料の自動販売機を正面玄関付近に設置した。
 同病院によると、嚥下障害の患者は、とろみがない水分の摂取が難しく、各個人に適切な飲料を作るにも時間と労力がかかる。これまで外来患者は自作のとろみ飲料を持参するしかなかったという。
 自販機には、日本摂食嚥下リハビリテーション学会が推奨するとろみ具合を3段階設け、調整ボタンを押すことで患者に合ったとろみ飲料を数十秒で提供する。種類はココアや抹茶ラテ、塩ライチなどで、ホットとアイスのほか、とろみなしも選択できる。災害時には無料提供も可能。
 摂食・嚥下障害看護の和田裕之認定看護師は「普段は飲み物を選ぶ機会が制限されている患者さんにとって、来院する楽しみの一つになれば」と話す。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト