静岡新聞NEWS

御前埼灯台前広場 「ウミエール」が完成

(2020/3/28 08:33)
完成した御前埼灯台前広場=御前崎市
完成した御前埼灯台前広場=御前崎市
特産品を受け取る愛称考案者の増田さん(右)=御前崎市役所
特産品を受け取る愛称考案者の増田さん(右)=御前崎市役所

 御前崎市が昨年8月から整備を進めてきた御前埼灯台前広場がこのほど完成した。愛称は公募の結果、掛川市の増田弘之さん(64)が考案した「ウミエール」に決定した。
 広場の面積は約1400平方メートルで、国土交通省の用地を買収した。既設の石垣や塀を除去して芝生を敷き、ベンチ5台、多目的トイレ1カ所、日陰棚などを設置した。工事費は約7100万円。
 愛称は昨年12月から今年1月まで公募し、全国から294件の応募があった。御前崎市は27日、「ウミエール」を考案した増田さんを市役所に招き、メロンや茶などの特産品を贈呈した。増田さんは「海は悩んだ時に癒やしてくれる存在で、マリンスポーツや魚介類など恩恵も受けている。海が見える広場で、お返しのエールを送りたいと思った」と愛称に込めた思いを語り、「家族が遊び、恋人たちが語らい、お年寄りが昔の思い出話に花を咲かせるような場になれば」と願った。
 市は2018年度から3年間で灯台周辺の設備を整える計画で、20年度は遊歩道や観光案内標識を整備する。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト