静岡新聞NEWS

浜松城 堀の規模克明 幕末の絵図発見、袋井の収集家保管

(2020/3/19 13:50)
新たに見つかった浜松城絵図の複製を手に解説する神谷昌志さん=浜松市中区
新たに見つかった浜松城絵図の複製を手に解説する神谷昌志さん=浜松市中区
絵図に記された浜松城の堀の規模
絵図に記された浜松城の堀の規模

 江戸時代末期ごろとみられる浜松城(浜松市中区)の堀の幅や長さが記入された絵図がこのほど、袋井市の個人宅で確認された。絵図の記述は、過去の地籍図から推定された堀の位置や規模とほぼ合致するという。浜松城整備専門委員を務める郷土史家神谷昌志さん(90)=同区=は「堀の規模が克明に記された絵図を初めて見た。堀があった中心市街地は考古学調査が難しく、貴重な史料」と意義を説明する。
 堀は同区連尺町の国道交差点近くにあった大手門の周囲に掘られていた。「遠州濱松」と題した絵図によると、堀の幅16メートル、長さは大手門の西側111メートル、同東側102メートル。現在の市道(通称二俣街道)に沿って造られた空堀は291メートル、瓦門北側の水堀は55メートルだったことが分かる。
 絵図は古文書の収集家鈴木邦彦さん(73)=袋井市=が保管していた。浜松市が城の図面や写真を集めているのを受け、神谷さんが親交のある鈴木さんに連絡し、存在が判明した。
 鈴木さんと神谷さんによると、絵図は幕末期に描かれ、討幕の動きに関わりがあるとみられる。鈴木さんが絵図とともに入手した古文書によると、官軍が江戸に向かう際、浜松城下の商人に兵士の配置や宿泊場所を告知していた。城下に迎えるにあたり、「浜松側から絵図を渡したのでは」(鈴木さん)と推測できるという。
 鈴木さんは似た形式で描かれた東海道沿いにある他の城の絵図も複数持っていて、官軍の進軍に伴い他藩で同様の動きがあった可能性があるとみている。磐田市歴史文書館の木村弘之館長は「絵図を作った目的や時期はまだ断定できない。官軍が宛てた文書が他地域で見つかれば、進軍と関連があった可能性が高まる」と話した。
 浜松市博物館によると、浜松城の堀の規模を記した絵図は他にも存在する。担当者は「収集家が持っている絵図は多く、さらに表に出てくる可能性がある」と期待を寄せる。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿