静岡新聞NEWS

中野警視を追悼 重傷で容疑者取り押さえ殉職 掛川、菊川署

(2020/1/22 09:01)
慰霊碑に黙とうする警察関係者=菊川市中内田
慰霊碑に黙とうする警察関係者=菊川市中内田

 掛川、菊川両署は21日、重傷を負いながらも容疑者を取り押さえて殉職した中野倉治警視=当時(53)=の追悼式を菊川市中内田の慰霊碑前で開いた。両署幹部や若手署員ら計約20人が出席し、黙とうや献花を行った。
 1972年の1月21日、殺人事件で指名手配中の男が職務質問した署員を殴って逃走する事件が発生した。当時、掛川署刑事課長だった中野警視が男を発見し、男にナイフで刺されながらも逮捕した。その後、搬送先の病院で息を引き取った。
 「過去の教訓から今後の職務執行に生かしていく」と楠ケ谷良巳菊川署長。三原博美掛川署長は「悪に対して毅然(きぜん)とした態度で向かっていく精神は受け継いでいきたい」と語った。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト