静岡新聞NEWS

街の魅力、ポスターで発信 常葉大菊川高、美術・デザイン科生

(2020/1/15 08:10)
インタビューを基にポスターを制作した常葉大菊川高の生徒たち=菊川市市民協働センター
インタビューを基にポスターを制作した常葉大菊川高の生徒たち=菊川市市民協働センター

 菊川市の常葉大菊川高美術・デザイン科の生徒が首都圏の大学生らと連携し、市の魅力を発信する「菊川を物語るポスター」5点を制作した。市内で菊川らしい活動をする5人を選び、インタビューした内容をそれぞれ物語にまとめてイラストを添えた。2月6日まで同市市民協働センターで展示している。
 全国の若者らと地域情報を発信するウェブメディア「列島ききがきノート」編集部(東京)の企画。昨年8月に関東の若者と同校生徒計12人が取材班を組み、農家や外国人学校経営者、起業家らから聞き取りをした。
 川嶋梨々花さん(同校3年)は山口県出身の若手農家井指康宏さんを取材。井指さんが17歳の時、祖父が住む菊川の美しい農地を見て移住を決意した-とのエピソードを情景豊かな物語に再現した。
 榑松迪加さん(同)はアウトドアイベントで地域活性化に取り組む宇佐美竜一さんを取り上げた。「アイデアは行動に移さないと夢でしかない」と情熱を燃やす姿を生き生きとした筆致で表現した。
 ほかにも高校生らしい感性で描かれた作品が並ぶ。川嶋さんらは「自分たちも地元の魅力を見直す機会になった」と話し、来場を呼び掛けている。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿