静岡新聞NEWS

奥浜名湖のりうどん完成 食品会社と高校生ら協働 浜松

(2019/10/11 09:05)
磯の香りと滑らかな舌触りが特徴の「奥浜名湖のりうどん」
磯の香りと滑らかな舌触りが特徴の「奥浜名湖のりうどん」
完成披露、試食会でうどんをPRする浜松学芸高生=浜松市北区の国民宿舎奥浜名湖
完成披露、試食会でうどんをPRする浜松学芸高生=浜松市北区の国民宿舎奥浜名湖

 養殖が始まって来年で200周年を迎える「浜名湖のり」の認知度向上などを目指す「浜名湖のりブランド推進協議会」が、食品会社ヤタロー(浜松市東区)観光事業部、浜松学芸高社会科学部地域調査班と協働でメニュー開発に取り組んだ「奥浜名湖のりうどん」がこのほど完成し、同社が指定管理する同市北区の国民宿舎奥浜名湖で10日、ランチメニューとして販売が始まった。
 キャッチコピーは同校生徒が考案した「のり・あさり、美味しい、ヘルシー、食べてほしい」を採用。鮮やかな緑色と磯の香り、滑らかな舌触りが特徴の浜名湖のりを中心に、アサリと卵とじスープを合わせた味わい深いうどんに仕上がった。一食990円(税込み)で、カロリーが低く栄養分が豊富に含まれた健康的な一品。
 このほど同所で行われた完成披露・試食会では生徒らがのぼり旗を掲げてPRし、うどんを堪能した。同協議会の松田和敏会長(53)は「浜名湖近くで味わうことができるのは意味深い。これを機に浜名湖のりを使ったオリジナル商品が増えていけば」と話した。
 今後は同社が受託、運営する別施設でも順次、「浜名湖のり」をテーマにしたうどんを提供していく予定。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト