静岡新聞NEWS

コスモス迷路、脱出できる? 菊川・小島さん開放、来場呼び掛け

(2019/10/10 08:39)
迷路の中を駆け回って遊ぶ園児たち=菊川市西方
迷路の中を駆け回って遊ぶ園児たち=菊川市西方

 菊川市西方の西方保育園南側の畑で、近くに住む小島雅夫さん(68)がキバナコスモスの巨大迷路を半年がかりで造り、園児たちを楽しませている。花は今月末頃まで咲き続けそう。誰でも自由に入って遊べるよう開放していて、近隣の子どもたちにも来場を呼び掛けている。
 縦16メートル、横11メートルの区画に高さ3メートル近いコスモスが密集して育ち、中に通路が張り巡らされている。通路に沿って竹の棒とロープで柵を設け、子どもでも安全に遊べるよう配慮した。初めて入る人なら出口到達まで数分はかかる、本格的な迷路になっている。
 設計から種まき、柵の設置まで独力で仕上げ、花も見事な咲きぶり。小島さんは「子どもが喜ぶ姿を見ると作業の疲れも吹き飛ぶ。大勢の人に楽しんでもらえれば」と話す。かゆみ防止のため長袖の服で入るのがお勧めという。
 問い合わせは小島さん<電090(9937)6125>へ。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト