静岡新聞NEWS

やり遂げる心が重要 浜松科学館、天野浩名誉館長がトークショー

(2019/8/14 09:08)
トークショーを終え、観客と記念撮影する天野教授=浜松市中区の浜松科学館
トークショーを終え、観客と記念撮影する天野教授=浜松市中区の浜松科学館

 浜松科学館(浜松市中区)は13日、リニューアルオープンを記念して、同館の名誉館長で、青色発光ダイオード(LED)の開発でノーベル物理学賞を受賞した天野浩名古屋大教授のトークショーと特別教室を同館で開いた。
 天野教授は親子連れなど多くの来館者の前で、浜松で過ごした幼少時代について語り、子どもの時は夏休みの宿題をやらなかったことを明かした。名古屋大在学中、当時同大の教授でともにノーベル賞を受賞した赤崎勇さんの元でLED開発につながる研究に没頭したことや、現在は、電気を使って暮らしをより便利にする仕組みづくりを研究していることも紹介した。
 来場者からの「研究で大切にしていることは」という質問には「やり遂げるという心持ち。絶対できるんだと確信を持ってやっていた」と述べ、好きな食べ物を聞かれると「カレーが大好き」と笑顔で答えた。
 特別教室では、天野教授が見守る中、児童がLEDを使ったスタンド作りに取り組んだ。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト