静岡新聞NEWS

パフォーマンス観客魅了 路上演劇祭、多彩に 浜松・中区

(2019/6/2 08:06)
パフォーマンスを披露する里見さん(左)=浜松市中区のたけし文化センター連尺町
パフォーマンスを披露する里見さん(左)=浜松市中区のたけし文化センター連尺町

 静岡県内外の個人や団体が浜松市の中心市街地でパフォーマンスを披露する「路上演劇祭Japan in浜松2019 トライアングル」(同実行委主催)が1日、中区の各所で開かれた。
 重度知的障害者の活動拠点「たけし文化センター連尺町」では、実行委の里見のぞみ代表らがパフォーマンスを披露した。脚立の上に立ってポーズを取ったり、体にロール状の障子紙を巻き付けたりして観客を魅了。同施設の存在がより多くの人に届くよう思いを込めて演じた。
 肴町の丸喜屋商店「三米アトリエ」や、田町のフリースペース「黒板とキッチン」などでも建物の雰囲気や特徴を生かした演劇などが繰り広げられた。同イベントは劇場の外で作品を披露することで、多くの人に新しい発見をしてもらおうと毎年開催している。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト