静岡新聞NEWS

地元住民植栽、芝桜畑が見頃 掛川・入山瀬

(2019/4/16 07:50)
見頃を迎えている芝桜=掛川市入山瀬
見頃を迎えている芝桜=掛川市入山瀬

 掛川市入山瀬の茶園跡地に地元住民が整備した600アールの芝桜畑が見頃を迎えた。7年前から増やしてきた約5千株が鮮やかなピンクの花を付け、隠れた撮影スポットとして人気を集めている。
 県道袋井小笠線沿いの山の斜面で、近所に住む元高校校長中上礼一さん(73)ら数人の仲間が耕作放棄で繁茂した竹林を切り開き、植栽した。例年2月から徐々に咲き始め、この時期に花がそろい、4月末ごろまで見頃が続くという。
 中上さんらはほかにも、近くで採石場を運営する安倍川開発掛川事業所の協力を得て周囲1・5ヘクタールの斜面を整地し、ハナモモ400本とシダレザクラ170本を植えた。食害や台風による塩害で成長が遅れ気味だが、花を付けた木が点在し、近所の人々の散策路になっている。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト