熱海で日本の伝統美を堪能 キュレーションホテル6日開業

 昭和初期に建てられた別荘などが残る熱海市東山地区に6日、日本の伝統建築や工芸の美しさを堪能しながら滞在できる宿泊施設「キュレーションホテル」3棟がオープンする。古民家などの意匠を生かしながらリノベーションした建物で、運営会社のザ・キュレーションズ(同市)は、コロナ後の富裕層や訪日客の需要を見込む。

日本の伝統建築と華やかなデザインを融合させた須藤水園の内装(ザ・キュレーションズ提供)
日本の伝統建築と華やかなデザインを融合させた須藤水園の内装(ザ・キュレーションズ提供)

 3施設は、築88年で解体寸前だった元旅館を改修した「桃乃八庵(とうのやあん)」、築87年の古民家「須藤水園(すとうすいえん)」、築45年の元保養所の「桃山雅苑(ももやまがえん)」。
 いずれも伝統的な建築様式や職人の技を残しつつ、革新的なデザインを施した。幕末から明治期に欧州に流出した日本の美術品を買い戻して展示している施設もある。定員は6~8人で原則1棟貸し。桃乃八庵と須藤水園は1泊20万円~。桃山雅苑は32万円~(部屋貸しもあり)。
 プロデュースした同社の沢山乃莉子取締役は、同ホテルを「伝統の美の素晴らしさを未来につなげるためのビジネスモデル」と位置づけ、全国各地に展開したいとしている。
 詳細はホームページ<https://curationhotel.com>へ。(熱海支局・豊竹喬)

SNSでシェアするSHARE

いい茶0