反射炉ビヤ×蕎麦宗=そば茶ビール コラボで実現、3日から販売

 伊豆の国市のクラフトビール醸造所「反射炉ビヤ」と三島市のそば店「蕎麦宗(そばそう)」がコラボし、そば茶を使ったオリジナルビール「SOBA ALE」を開発した。そばの豊かな香りが特徴で、3日から同店で販売する。

そば茶を使ったオリジナルビールを手にする山田醸造長(右)と山川店主=三島市
そば茶を使ったオリジナルビールを手にする山田醸造長(右)と山川店主=三島市

 もともと同醸造所のビールを取り扱っていた同店で、そば店ならではのビールを客に楽しんでもらおうとコラボを決めた。同店が長年こだわって使用するそば粉と同じ福井県産のそば茶を原料に、何度も打ち合わせや試飲を繰り返して醸造した。同醸造所がそば茶を使うのは初めて。
 山田隼平醸造長は「注いだ瞬間からそばの香りが広がる。煮込みの時間など実験を重ねた成果が出た」と喜んだ。同店の山川宗一郎店主は「きれがあり想像以上の仕上がり。最初の一杯として楽しんでもらいたい」と話した。
 330ミリリットル入りで1本1100円。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0