今年は「ショコラ」も 8飲食店「桃沢わさび」創作メニュー考案

 長泉町の飲食店8店舗が、長泉ブランド認定品「桃沢わさび」を使った創作メニューを考案し、認知度向上や地産地消の推進を図る取り組みを始めた。昨年度に続き2回目。3月7日まで「桃沢わさび de MARKET」と銘打ち、新しい特産品の売り込みを図っている。

桃沢わさびを使った「わさびショコラ」=長泉町中土狩のショコラティエ・オウ・ルージュ
桃沢わさびを使った「わさびショコラ」=長泉町中土狩のショコラティエ・オウ・ルージュ

 桃沢わさびは静岡県の湧き水百選に選ばれている桃沢川の伏流水で育ち、豊かな辛みと風味が特徴。取り組みには和食や洋食など飲食店や、菓子店、パン店などが賛同し、各店舗で多彩なメニューを展開している。
 今回初めて参加した同町中土狩のショコラティエ・オウ・ルージュは「わさびショコラ」を開発した。わさびは加熱すると香りが飛んでしまう難点があるが、すりおろしたわさびを混ぜた生チョコレートを冷凍することで香りを閉じ込めたという。
 店主の足立晃一さんは「ほのかにわさびの風味が残るバランスに仕上げた。ぜひわさびの風味を探しながら味わって」と話した。
 町は期間中に対象商品を5個以上購入すると、桃沢わさびを2本プレゼントする。問い合わせは町産業振興課<電055(989)5516>へ。

いい茶0
メールマガジンを受信する >