日本酒「ごてんば」開発 酒造所建設も目指す

 御殿場市などで飲食店を展開するつぼぐちフードサービスは、同市で採取した富士山の伏流水と市内産の酒米を使った純米大吟醸「ごてんば」を生産し、販売を始めた。市内に酒造所を造り、酵母を含む全ての原料を市内で調達する「純御殿場産」の日本酒の生産を目指している。

御殿場市で採取した富士山の伏流水と同市で栽培した酒米を使った純米大吟醸「ごてんば」=同市
御殿場市で採取した富士山の伏流水と同市で栽培した酒米を使った純米大吟醸「ごてんば」=同市

 伏流水と、市内の同社の農場で育てた酒米「山田錦」、東京農業大が桜から分離した酵母を使い、長野県の酒造会社が仕込んだ。すっきりとした辛口ながら、白ワインのようなフルーティーな味わいが楽しめるという。
 「つぼぐち」の坪口栄二社長が富士山の麓のおいしい水を使った日本酒を作ろうと発案した。市内で生産する酒の種類を増やし、「酒のまち」として発信し地域活性化につなげる狙いもある。純御殿場産の製造に向け既に酒造免許を取得した。今春に市の花「ふじざくら」の花を摘み、酵母の分離を試みるという。
 純米大吟醸ごてんばは720ミリリットルで3千円(税抜き)。同市の和食店「ふくふく」などで900本限定で販売している。問い合わせは同社カスタマーセンター<電0550(80)1122>へ。

いい茶0
メールマガジンを受信する >