静岡新聞NEWS

古代遺跡イメージし改装 大水槽、神秘的に 沼津港深海水族館

(2021/1/22 08:50)
古代遺跡をイメージしてリニューアルした大水槽=沼津市の沼津港深海水族館
古代遺跡をイメージしてリニューアルした大水槽=沼津市の沼津港深海水族館

 沼津市の沼津港深海水族館はこのほど、1階にある大水槽をリニューアルした。新たな水槽は古代遺跡をイメージし、神秘的な雰囲気で来館者を楽しませている。
 駿河湾に生息するタカアシガニなど11種を展示する横約5メートル、高さ約1・5メートル、奥行き約1・5メートルの水槽を改装した。水槽右側に朽ちて折れた柱を、左側にはメンダコやダイオウイカといった深海生物のレリーフをそれぞれ配置し、古代遺跡が海底に沈んでいるかのように演出した。照明の色や数も増やして見やすさも追求した。
 改装は昨夏から準備を進め、水深300メートルをイメージしたシンプルな従来の内装を一新した。担当者は「神秘の深海を散策しているような水槽に仕上げた。ぜひ楽しんでほしい」と話した。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿