静岡新聞NEWS

小中生作製の情報誌 第8号は伊豆市の「遊・食・泊」

(2021/1/18 12:00)
完成したKURURAの第8号
完成したKURURAの第8号
情報誌製作の感想を発表する子どもたち=伊豆市
情報誌製作の感想を発表する子どもたち=伊豆市

 伊豆市の小中学生が地元の魅力を取材、執筆する情報誌「KURURA(くるら)」の第8号の完成発表会が17日、市内で開かれた。製作に関わった子どもたちが関係者や保護者らに感想などを語った。
 新型コロナウイルス感染拡大を受け、今回のテーマを地元で遊ぶ、食べる、泊まるに決めた。参加した小学4年から中学3年の計15人は分担して市内の観光施設や飲食店、旅館など7カ所を訪れて取材。記者やカメラマン、デザイナーから教わった知識を生かして情報誌の製作に取り組んだ。
 発表会では子どもたちが1人ずつ「知らなかった伊豆市の魅力に触れられた」「こんなときだからこそ、地元で遊ぶのもいいとみんなに伝えたい」などと感想を述べた。
 来賓の菊地豊市長は「地元には世界一や日本一がたくさんある。この体験を大切にして」と呼び掛けた。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿