静岡新聞NEWS

“アマビエすそのん”商品化 裾野の洋菓子店 ステッカーやサブレ

(2021/1/15 09:27)
アマビエに扮した「すそのん」のステッカー=裾野市葛山の富士の里洋菓子店
アマビエに扮した「すそのん」のステッカー=裾野市葛山の富士の里洋菓子店
〝アマビエすそのん〟をかたどったサブレ
〝アマビエすそのん〟をかたどったサブレ

 富士の里洋菓子店(裾野市葛山)の小林裕也代表(36)がこのほど、疫病から人々を守るとされる妖怪「アマビエ」に扮(ふん)した市のマスコットキャラクター「すそのん」のデザインを制作した。市民一人一人に新型コロナウイルス感染予防の意識を高めてもらおうと、“アマビエすそのん”のステッカーやサブレを商品化した。
 同店ではこれまでにも、すそのんをかたどったケーキやクッキーを販売し、市の魅力発信に一役買ってきた。市内でも新型コロナ感染者が確認され、「市民みんなで感染しないように注意しようと、明るく呼び掛けたい」とアマビエにあやかったデザインを考案した。
 ステッカーは1枚300円、サブレは同210円。サブレは1日で500~600枚売れることもあるほどの人気ぶりという。小林さんは「売り上げよりも啓発に役立てたい」と強調する。デザインのデータはコロナ対策につながるなら無償提供する方針で、「市や市教委にも注意喚起のために活用してほしい」と呼び掛けている。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿