静岡新聞NEWS

NZワンガヌイの魅力、コロナ下でも発信 長泉の園児、姉妹都市交流へ絵画制作

(2021/1/13 09:39)
ニュージーランドに関する絵を描いた園児=長泉町の中央保育園
ニュージーランドに関する絵を描いた園児=長泉町の中央保育園

 長泉町が16日から、姉妹都市であるニュージーランド・ワンガヌイ市の魅力を発信するイベントを町内各所で開く。新型コロナウイルスの影響で中学生の訪問など交流事業が中止になり、代替企画として考案した。12日には中央保育園の園児がニュージーランドをテーマにした絵を描き、イベント開催に向けた準備に臨んだ。
 同園で町職員がニュージーランドの自然や動物を年長児17人に写真で紹介した。園児はニュージーランド固有の鳥「キウイ」や星空、ジャングルなどの写真を見ながら、画用紙いっぱいに表現した。
 色えんぴつで天の川を描いた遠藤茉彩さん(5)は「たくさんの色を塗るのは大変だったけれど楽しかった」と話した。完成した絵は25日から始まる写真展の会場で展示する。
 両都市は1988年の姉妹都市提携以降、中学生が互いの都市を訪れて交流を重ねている。
 町の担当者は「キアオラはニュージーランド先住民族の言葉で“こんにちは”などあいさつを意味する。直接の交流はできないが、ニュージーランドの空気を感じてほしい」と話した。

 ■料理の販売やオンラインツアー 16日から町内各地
 長泉町は16日から、姉妹都市ニュージーランド・ワンガヌイ市の魅力を体験できるイベント「キアオラ!ながいずみ」を町内各地で開催する。
 16日~2月14日は町内や周辺の飲食店10店舗でニュージーランドにちなんだメニューを販売する。期間限定メニューを食べるともらえるスタンプで、インターネット上で開催される「ワンガヌイオンラインツアー」に参加できる。同ツアーは2月13日午前10時から。
 1月25~31日は、ニュージーランドに居住経験のある写真家伊藤秀海さんの写真展を同町下土狩の町チャレンジショップで実施する。2月3~7日には同所でマヌカハニーの販売や、姉妹都市交流の歴史を紹介する展示を行う。
 問い合わせは町国際交流協会<電055(989)5500>へ。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿