静岡新聞NEWS

バス車内の換気性能実演 数分で車内空気入れ替え 伊東

(2020/12/30 09:01)
白いスモークが充満した車内=伊東市荻の東海バス車庫
白いスモークが充満した車内=伊東市荻の東海バス車庫
約4分間の走行で空気が入れ替わった=伊東市荻の東海バス車庫
約4分間の走行で空気が入れ替わった=伊東市荻の東海バス車庫

 伊豆半島を中心に路線バスや貸し切りバスを運行する東海バス(本社・伊東市)は28日、バスの新型コロナウイルス感染防止対策の周知を図る換気性能体験会を、同市荻の同社車庫で開いた。行政や観光関係者ら約20人が参加し、車内の空気が数分で入れ替わる様子を確認した。
 バスは「車内が密閉され感染リスクが高い」と思われがちだが、同社によると運行中は外気導入運転などを行うことで、車内の空気は数分間で全て入れ替わるようになっているという。
 体験会では車内に白いスモークを充満させた状態で敷地内を走行し、約4分で排出される様子を分かりやすく実演した。ペンション経営者でつくる伊豆高原観光オフィスの利岡正基事務局長は「ペンションを訪れる修学旅行で貸し切りバスを使う。しっかり確認できたので学校側にも安全性を伝えることができる」と話した。
 同社は高速バスなどの車両に施している、抗ウイルス効果のある光触媒コーティングを全車両に導入するなど、さらなる予防対策を進める方針。朝倉亮介専務は「安心して利用される態勢を整え、伊豆半島の地域交通を維持していきたい」とあいさつした。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿