そり遊び 親子歓声 「雪の丘」が人気 富士山こどもの国

 富士市桑崎の富士山こどもの国で雪遊びができる「雪の丘」が人気を集めている。26日にはそり遊びができるゲレンデのロングコース約50メートル分もオープンし、多くの親子連れでにぎわった。

ゲレンデでそり遊びを楽しむ子どもたち=富士市の富士山こどもの国
ゲレンデでそり遊びを楽しむ子どもたち=富士市の富士山こどもの国

 防寒着を着た子どもたちは、雪上をそりで滑って歓声を上げた。埼玉県から富士山を見に来た家族は、2~6歳の3きょうだいが寒さを忘れて何度もゲレンデを往復した。母親は「外で清々と遊びが楽しめた」と喜んだ。
 降雪機で降らせた雪でショートコース(約30メートル)とロングコース(全長最大約100メートル)を整備し2021年3月下旬まで営業予定。マスク着用が必須で、混雑時は入場制限する。
 広場では雪だるまや雪玉を作って遊ぶ親子の姿もあった。雪像などの写真を投稿するコンテストも開催中。
 富士山こどもの国は年末年始も営業し、1月1~3日の午前9時半からは街エリアでお汁粉を無料配布する。

いい茶0
メールマガジンを受信する >