珍しい工場専用の岳南排水路 マンホールカード配布 岳鉄吉原駅

 富士、富士宮市を流れる岳南排水路を維持・管理する「岳南排水路管理組合」は17日から、マンホールカードの配布を富士市の岳南電車吉原駅で始める。同組合職員は「カードを通じて岳南排水路や管理組合の存在を知ってもらえたら」と期待する。

配布が始まる岳南排水路管理組合のマンホールカード=富士市内
配布が始まる岳南排水路管理組合のマンホールカード=富士市内

 岳南排水路は全国でも珍しい工場排水専用の都市下水路。富士宮市から富士市までの全長38キロを走り、製紙業が盛んな岳南地域の産業を支えている。
 カードには、組合設立50周年を記念して2018年に製作した絵柄付きのマンホールふたを掲載した。富士山と駿河湾を擁する同地域を描いたデザインで、サクラエビやシラスなどの海の幸や、紙の街を表すトイレットペーパーや工場夜景も色鮮やかに表現された。マンホールふたは岳南電車ジヤトコ前駅近くなど市内2カ所に設置されている。カード記載の緯度経度が設置場所を示す。
 カードは岳南電車吉原駅の窓口で、毎日午前9時~午後5時に配布する。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0