静岡新聞NEWS

ご当地ソング裾野版制作へ 市制施行50年を記念

(2020/11/27 16:00)
裾野版のご当地ソング制作に向けて意欲を示す高村市長(中央)と太田さん(右)、カテリンさん=裾野市役所
裾野版のご当地ソング制作に向けて意欲を示す高村市長(中央)と太田さん(右)、カテリンさん=裾野市役所

 裾野市は26日、TOKAIグループと共同で、静岡県のご当地ソング「思い出の交差点」の歌詞を替えた裾野バージョンを制作すると発表した。2021年の市制施行50周年記念事業の一環で、同年3月の完成披露を予定している。
 「思い出の交差点」は同グループの「ご当地ソングで静岡を元気に!プロジェクト」で制作された。裾野版制作に向けては12月から、思い入れのある市内の名所、史跡、穴場スポットや、その場所にまつわるエピソードなどを市内外から募り、歌詞に盛り込む。
 26日には、曲を歌っている太田克樹さん(27)=静岡市葵区=とカテリンさん(26)=浜松市中区=らが裾野市役所に高村謙二市長を訪ねた。太田さんは「記念事業に携われて光栄。必ず成功させたい」と意欲を示した。高村市長は「市の特色を入れた曲にし、50周年を盛り上げたい」と期待した。
 太田さんとカテリンさんは記念事業の関連行事や各種イベントなどに出演し、裾野版の曲を披露する予定。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿