静岡新聞NEWS

特産イチゴ目ぞろえ JA伊豆の国、12月中旬出荷ピーク

(2020/11/17 09:24)
イチゴの出荷基準などを確かめた目ぞろえ会=伊豆の国市
イチゴの出荷基準などを確かめた目ぞろえ会=伊豆の国市

 JA伊豆の国苺(いちご)委員会は16日、特産のイチゴの目ぞろえ会を伊豆の国市の同JA韮山ライスセンター前で開いた。7月の長雨や8月の猛暑で出荷は例年よりも1週間程度遅れているが、12月中旬に最初のピークを迎えるという。
 同JA管内では生産者140人が約29ヘクタールできらぴ香と紅ほっぺを栽培している。今季は10月15日にきらぴ香、11月4日に紅ほっぺが初出荷となっていて、来年5月末までに385万パック程度を出荷する見込み。
 生産者やJA職員ら約160人が参加し、出荷規格やパック詰めの注意事項を確かめた。管内では苗の盗難が確認されていて職員が生産者に注意を呼び掛けた。飯田寿夫委員長は「高品質なイチゴを出荷できるように頑張ってほしい」とあいさつした。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿