静岡新聞NEWS

寿太郎みかん、生ジュース販売 富士川楽座に常設店

(2020/11/12 10:33)
寿太郎みかんをふんだんに使用したジュース=富士市の道の駅「富士川楽座」
寿太郎みかんをふんだんに使用したジュース=富士市の道の駅「富士川楽座」

 沼津市西浦産の温州ミカン「寿太郎」を使用した「究極の生ジュース」を販売する「Mファーム」が10月下旬、初の常設店舗を富士市の道の駅「富士川楽座」の屋台コーナーに構えた。県内外の観光客が行き交う同施設で寿太郎や県産ミカンをPRする。
 同店は、農事組合法人丸栄が生産するミカンを使用したみかんジュースと、その時期に収穫された品種のミカンを販売している。
 究極の生ジュースは3サイズあり、最小のSサイズ(税込500円)でミカン約5個分を使用。M(同700円)で約7個、L(同千円)で約10個分を使用し、濃厚な味わいが特徴という。ミカンは現在、極わせの由良が販売されている。
 これまで三島スカイウォークなどで移動車での販売や、イベント販売などをしている。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿