静岡新聞NEWS

川沿い散策、写経… 密回避「朝旅」で新たな三島発見

(2020/10/25 09:58)
夜明け前に集まって散策する参加者=三島市の三嶋大社
夜明け前に集まって散策する参加者=三島市の三嶋大社

 NPO法人「地域活性スクランブルフォーラム」(三島市)は24日、早朝の三島を歩いて魅力を再発見する“朝旅”イベントを市内で開いた。歴史、自然が豊かな市街地の朝は、日中や夜とは違う落ち着いた雰囲気が広がる。人出が少ないため密にもなりにくく、同NPOは新たな観光資源として「朝のまち・三島」を提案していく考えだ。
 日の出前の午前5時すぎに約20人が三嶋大社に集まって参拝した後、芝岡神社を回って源兵衛川沿いを進み、中郷温水池を折り返す約6キロのコースを歩いた。涼しげなせせらぎの音に耳を傾け、池の水鳥や周辺の景色に目をやりながら散策を楽しんだ。同市泉町の伊豆国分寺では写経にも取り組み、朝食は近くの飲食店が提供するおかゆを味わった。
 すがすがしい朝の町を観光や健康増進につなげようと初めて企画した。朝旅を目的に前泊してもらえばさらなる消費拡大につながるほか、密になる時間帯をずらすことで感染症対策にもなるという。今後、商工会議所などと連携も図りながら定着を目指す考えで、前田磨理事長は「三島の朝を楽しめる場所は各地に点在している。新たな観光として提案したい」と語る。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿