静岡新聞NEWS

モクズガニ漁、本格化 河津川・秋の味覚、塩ゆでや汁料理を提供

(2020/10/23 09:10)
ズガニ汁(左下)など、提供されるズガニ料理=河津町の川ばた
ズガニ汁(左下)など、提供されるズガニ料理=河津町の川ばた
水揚げされたモクズガニ=河津町の河津川
水揚げされたモクズガニ=河津町の河津川

 河津町の河津川で、秋の味覚「モクズガニ(ズガニ)」漁が本格化している。河津川漁協によると、今年はサイズはやや小ぶりだが、漁獲量は例年並みという。町内の旅館などでは、ズガニ料理が提供される。
 漁は今月1日に解禁され、11月に向けて最盛期を迎える。21日は組合員が前夜に川底に仕掛けた「もじり」と呼ばれるかごを引き上げると、体長30センチほどのモクズガニ38匹が水揚げされた。
 産卵期に備えて川を下り、海に向かうズガニはこの時期、脂が乗り、味わい深い。同町内では、5軒の旅館、民宿で塩ゆでや釜飯、鍋などとして提供している。特に殻ごとすりつぶして汁に入れる「ズガニ汁」の人気が高い。同町の旅館「川ばた」の堤国仁さん(65)は「今年は台風の影響がなく、順調。ぜひズガニを味わってほしい」と話した。
 漁期は来年2月末まで。ズガニ料理を提供する施設など、問い合わせは河津町観光協会<電0558(32)0290>へ。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿