静岡新聞NEWS

電動バイク貸し出し開始 坂道多い街、楽々移動 熱海

(2020/10/13 09:44)
再生可能エネルギーの普及と観光充実に向けて貸し出す電動バイク=熱海市の「さんふらわー」
再生可能エネルギーの普及と観光充実に向けて貸し出す電動バイク=熱海市の「さんふらわー」

 熱海市下多賀の電気工事会社「さんふらわー」(中沢忠孝社長)は、再生可能エネルギーの普及と熱海観光の充実を図ろうと、電動バイクの貸し出しを始めた。担当者は交通インフラが限られ、坂道が多い市内の回遊性を高めて「快適な旅を楽しんでほしい」と話している。
 電動バイクは3時間の充電で30キロの距離を走れる。時速30キロまで出すことが可能。貸し出し用のバイクは全5台で、同市東海岸町のホテル「熱海の隠れ里」を発着点に貸し出す。対象は21歳以上で1日5500円、半日3300円(保険、ヘルメット代込み)。地域共通クーポンにも対応している。
 同社は「電気を自給自足する社会」を目指していて、電動バイクの充電も自社の太陽光発電を利用している。
 同市は坂道が多く、自転車での移動が困難。新型コロナウイルスの影響で公共交通を敬遠する人も多い。荒川真紀常務(48)は「少し遠いと思っていた場所にも電動バイクで気軽に足を伸ばして、熱海を満喫してほしい」と話している。
 問い合わせは同社<電0120(993)981>へ。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿