静岡新聞NEWS

静岡県東部に中学生選抜吹奏楽団 三島で1回目の全体練習

(2020/10/8 16:34)
学校や地域の枠を超えて集まったU―15伊豆中学生選抜吹奏楽団=三島市民文化会館
学校や地域の枠を超えて集まったU―15伊豆中学生選抜吹奏楽団=三島市民文化会館

 静岡県東部の中学生が地域や学校の枠を超え演奏の腕を磨く「U―15伊豆中学生選抜吹奏楽団」が発足し、三島市民文化会館で6日夜、第1回の全体練習が行われた。教員の負担軽減などで部活動を縮小する学校も多い中、教育関係者や各地で音楽活動を続ける住民がハイレベルな練習の場を生徒に提供する。
 中学生が広域から集まる吹奏楽団は県東部で初めて。初期の所属メンバーはオーディションに合格した1~3年生18人で、毎週火曜の全体合奏に加えて月に1度は8種類の楽器ごとにパート練習も行う。合奏指導は沼津商業高吹奏楽部の川口三郎音楽監督が務めるほか、各パートの専門スタッフもそろえてきめ細かく指導する。
 当初は4月に楽団を発足させる予定だったが、新型コロナウイルスの影響で半年遅れのスタート。初日はメンバーが壇上に並び、川口氏から早速指導を受けた。代表理事を務める清水町立南中の渡辺英一郎校長は「学校や地域の違う仲間と刺激し合い、学んだことを自分の学校でも広めてほしい。いずれ発表の場を作りたい」と話した。
 同楽団は今後も毎年オーディションを開いてメンバーを募集する予定。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿