静岡新聞NEWS

オリーブビール完成 三島のユースエイド、3日に沼津で販売 

(2020/10/3 09:53)
オリーブビールの完成を報告した関係者=沼津市役所
オリーブビールの完成を報告した関係者=沼津市役所

 三島市の就労継続支援A型事業所「ユースエイド」(高橋達也代表)がこのほど、オリーブの葉を活用したビールを製品化した。3日に沼津市のプラサヴェルデで開かれる「ぬまづ福祉まつり」で200本を販売する。
 同事業所は2016年、長泉町の耕作放棄地を整備してオリーブ栽培を開始。新型コロナウイルスの影響で企業から受注していた仕事がなくなり、オリーブ葉を使ったビール造りを新規事業として展開した。ビールの名称は「オリーブの泉」。夢や希望が湧き出るようにという思いを込めた。
 高橋代表とビールを醸造した柿田川ブリューイング(沼津市)の片岡哲也代表、ラベルをデザインしたグラフィックデザイナーの大木真実さんら関係者がこのほど市役所に頼重秀一市長を訪ね、商品を紹介した。高橋代表は「季節商品として売り出せたらいい」と話した。
 福祉まつりは午前10時~午後3時。ビールには、本県のご当地ソング「思い出の交差点」とコラボしたラベルが貼られ、歌手の太田克樹さん、カテリンさんが販売を手伝う。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿