静岡新聞NEWS

休業中の銭湯に子供たちの彩り 沼津で造形教室作品展

(2020/9/25 10:05)
休業中の銭湯を活用した「風の子造形教室」の作品展=沼津市吉田町の吉田温泉
休業中の銭湯を活用した「風の子造形教室」の作品展=沼津市吉田町の吉田温泉

 沼津市山王台の池谷博子さん(66)が主宰する「風の子造形教室」の作品展が24日、同市吉田町にある休業中の銭湯「吉田温泉」で始まった。27日まで。
 教室で学ぶ4歳児から小学生を中心にした生徒約50人が制作したアート作品約900点が並ぶ。湯上がりに楽しむ牛乳やアイスクリームを粘土で作ったり、洗い場の軽石に「湯」の文字や絵を描いたりするなど、子どもたちの感性豊かな作品が空間を彩っている。
 円形の浴槽には、毛糸や段ボール、ビニール傘などで作った高さ約1・8メートルの「火の神」と「水の神」も。池谷さんは「子どもたちの発想を探り当てるようにして、童心に帰って楽しんでほしい」と話した。
 入場無料。午前10時から午後6時まで。
 吉田温泉は2016年から休業中で、店主の長女兼子京子さん(57)が展示会や映画上映などの会場として貸し出している。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿