静岡新聞NEWS

サイの日合わせ、飼育“裏側”見学 東伊豆・アニマルキングダム

(2020/9/21 10:13)
普段入ることのできない場所で、サイを間近に見ることができるバックヤードガイド=東伊豆町の伊豆アニマルキングダム
普段入ることのできない場所で、サイを間近に見ることができるバックヤードガイド=東伊豆町の伊豆アニマルキングダム

 東伊豆町稲取の動物園「伊豆アニマルキングダム」で22日まで、世界サイの日(22日)に合わせ、サイの寝室など普段見ることのできない場所で飼育の裏側を解説するバックヤードガイドが開かれている。
 2頭のミナミシロサイを飼育している同園が、密猟などで絶滅の危機にひんしているサイの現状に理解を深めてもらうため、企画した。
 20日は飼育員の緑川大河さんが、14歳の雌「リカ」の寝室近くで、サイの生態などを説明した。緑川さんは、シロサイの名前は「幅広い」という意味のアフリカの言葉を「ホワイト(白)」と聞き間違えたのが由来であるとし、口が幅広くなっているのが、シロサイの特徴であると紹介した。
 ガイドは各日午後2時半から。参加希望者は同園のサイ展示場付近に集合する。定員は先着20人。入園料以外の料金は無料。問い合わせは伊豆アニマルキングダム<電0557(95)3535>へ。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿