静岡新聞NEWS

おそろいTシャツで地域に一体感 内浦・西浦事業者 沼津

(2020/9/18 09:50)
内浦・西浦地区の事業者らがそろって着用するオリジナルTシャツ=沼津市内浦長浜の伊豆・三津シーパラダイス
内浦・西浦地区の事業者らがそろって着用するオリジナルTシャツ=沼津市内浦長浜の伊豆・三津シーパラダイス

 沼津市の内浦・西浦地区の事業者らが、そろいのオリジナルTシャツで地域の一体感を醸成し、魅力を発信していこうという取り組みを進めている。地域の事業者同士の交流にもつながっていて、関係者は「地域がつながる安心感を共有し、絆を強める機会にしたい」と思いを話す。
 同市西浦平沢の旅館「やま弥」の若おかみで、地域団体ロケート代表の渡辺頼子さん(49)が今年4月、地域が一つになって魅力を発信できる機会をつくりたいと企画への賛同を呼び掛けた。開始時の参加は3事業所だったが、現在は飲食店やダイビング施設、ミカン農家など20事業所に広がった。
 Tシャツは表側の左胸に各事業所がそれぞれ描いたロゴや絵を、裏側に内浦・西浦地区の地図を描いた。訪れた人に地域の魅力を見つけてほしいという願いを込め、宝の地図をイメージしたデザインを描いた。各事業所の従業員が着用するほか、一部事業所では一般向けに販売も行う。
 今月から伊豆・三津シーパラダイスも活動に参加。17日には同市内浦長浜の同施設に事業者約20人が一堂に集まり、記念撮影した。
 渡辺さんは「交流の少なかった内浦・西浦の事業者間の交流も広がる。一緒になって地域を盛り上げたい」と話した。
 

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿